【重要】Rocket.Chat サポート内容変更のお知らせ

 2023.07.28  三和コムテック

10月1日より旧バージョンの

サポートが終了いたします

RCブログ用

 


2023 年 10 月 1 日に、Rocket.Chat社のクラウドサービスと、長期サポート (LTS) 期間外となるレガシーバージョンの Rocket.Chat が稼働しているワークスペースとの接続が廃止となります。
また、公式モバイルアプリおよびデスクトップアプリについても、LTS サポート外にあるレガシーバージョンの Rocket.Chat を実行しているワークスペースのサポートを同日に終了いたします。
旧バージョンのRocket.Chatを稼働している場合は、クラウドスペース、モバイルアプリおよびデスクトップアプリに接続するためにRocket.Chatを最新のバージョンへアップグレードすることを強く推奨いたします。
サポートされているバージョンの詳細については、こちらのドキュメントをご確認ください。


レガシーのサポート対象外のバージョンとなるレガシーの Rocket.Chat が稼働しているワークスペースについて Rocket.Chat 社が提供するモバイルアプリおよびデスクトップアプリと同様にクラウドサービス(プッシュ通知ゲートウェイ、オムニチャネルゲートウェイ、マーケットプレースアプリ)へのアクセスが廃止となります。7 月 18 日現在、サポート期間が終了する次のバージョンは Rocket.Chat v5.4(LTS)です。

現在サポートされている機能は?

Rocket.Chat社は通常、各メジャーバージョンについては6か月、マイナーバージョンについては3か月のサポートを提供しております。Rocket.Chatがセキュリティ修正を提供し、サポートされているバージョンの構成と使用法に関するサポートチケットを提供します。旧バージョンのサポートを長期間維持し、アップグレードの計画とテストのためにより多くの時間を確保するために、メジャーバージョンより前にリリースされたすべてのマイナーバージョンに対して長期サポート(LTS)を提供します。

10月1日からの変更について

2023 年 10 月 1 日に発効される新ポリシーの導入に伴い、レガシーサーバーバージョンに対するクラウドサービス、モバイルアプリおよびデスクトップアプリケーションのサポートを廃止します。10 月 1 日以降も引き続きコミュニティ版およびエンタープライズ版のワークスペースにてモバイルアプリおよびデスクトップアプリの使用とクラウドサービスへのアクセスを継続するためには、Rocket.Chatサーバーをサポート範囲内のバージョンで維持する必要があります。サポートされているバージョンの詳細については、こちらのドキュメントをご確認ください。

なぜRocket.Chat が今回の変更を行うのか?

レガシーバージョンの Rocket.Chat ソフトウェアを稼働しているワークスペースには、運用上およびセキュリティ上の重大な課題があります。商用オープンソースソフトウェア(COSS)を含むソフトウェア会社の標準的な業界慣行では、セキュリティの脆弱性がレガシーバージョンのサポートを廃止する最も一般的な要因となります。サポートされていないバージョンはサイバーセキュリティリスクの影響を受けやすく、評判や財務に甚大な影響を与える可能性があります。基本的に、旧バージョンのソフトウェアの使用は、組織全体とオープンソースコミュニティの完全性を危険にさらし、ユーザー、ビジネスパートナー、顧客をデータ侵害のリスクやコンプライアンス問題の増大にさらす可能性があります。

レガシーサーバーは大規模なメンテナンスが必要であり、運用コストが高くなります。後方互換性を実現する複雑さによりイノベーションが妨げられます。フェデレーションサーバーを活用してメッセージングの相互運用性を実現し続ける場合、すべてのネットワークノードが最新バージョンを実行していることが不可欠です。その結果、私たちはすべてのサービスとアプリケーションに標準ルールを適用し、LTS 以外のバージョンの Rocket.Chat のサポートを明確にするこの新しいポリシーを導入します。

サポートされていないバージョンにはどのような影響があるか?

現在、ワークスペース管理者は、次のクラウドサービスに接続できます。

・モバイルプッシュ通知ゲートウェイ
・ライブチャットオムニチャネルプロキシ
・マーケットプレイスアプリ

10 月 1 日以降、サポートされていないレガシーバージョンを実行している場合は、前述のサービスにアクセスできなくなります。

さらに、デスクトップアプリとモバイルアプリは、サポートされているバージョンの Rocket.Chat とのみ互換性を維持します。ワークスペースでサポートされていないバージョンの Rocket.Chat が稼働している場合、ユーザーはデスクトップアプリケーションとモバイルアプリケーションを使用できなくなります。 ワークスペースでサポートされていないバージョンの Rocket.Chat を稼働している場合、安全なメッセージングプロキシ通信に依存するオムニチャネル(Instagram Direct、WhatsApp Business、Facebook Messenger、Telegram)は中断されます。管理者はマーケットプレイスからアプリを購入したり、サポートされていないワークスペースにアプリをインストールしたりすることはできません。ワークスペースメンバーがプッシュ通知を利用するにはプッシュゲートウェイへのアクセスが不可欠であるため、10 月 1 日以降、このサービスへのアクセスもサポートされているバージョンの Rocket.Chat に制限されます。

変更前に何をすべきでしょうか?

サポートが終了する前に、クラウドサービス、モバイルアプリ、デスクトップアプリに引き続きアクセスできるように、コミュニティ版およびエンタープライズ版のすべてのワークスペースをサポートされているバージョン (バージョン 6.0.0 以降) にアップグレードすることを強く推奨いたします。アップグレードを希望されない場合は、Rocket.Chat はワークスペースの所有者に、選択した方法でワークスペースを管理するための様々なオプションを提供します。LTS の対象外である Rocket.Chat のバージョンを引き続き使用することを選択した場合は、クラウドサービスと公開アプリに代わる次の代替手段を実装する必要があります。

モバイルアプリとデスクトップアプリ:オープンソースコードから各アプリをコンパイルし、独自のビルドを関連するアプリストアに公開する必要があります。
プッシュ通知:独自のプッシュ通知サーバーをデプロイする必要があります。
アプリ:マーケットプレイスを介してアプリケーションをインストールするのではなく、独自のアプリケーションを開発して独自に配布する必要があります。

本ブログ記事は、Rocket.Chat社の記事を参照しております。

ご不明な点については、弊社お問い合わせフォームよりご相談ください。

 

Rocket.Chatソリューションカタログ

RECENT POST「Rocket.Chat」の最新記事


Rocket.Chat

ビジネスコミュニケーションツールとは? メリットや選び方でのポイント

Rocket.Chat

ビジネスチャットのセキュリティは安全? リスクや使用時の注意点

Rocket.Chat

オンプレミス型ビジネスチャットのメリットとデメリットを解説

Rocket.Chat

Rocket.Chatとは? 業界別活用シーンにおける使い方や導入メリットを解説

【重要】Rocket.Chat サポート内容変更のお知らせ

PAGETOP